Advanced search

211 search results

Page 21 out of 22 Pages

  • トラブルシューティング: Hyper-vホストとこのホスト上のVMのHyperBackを同時に実行するとエラーが発生する
    Answer: 概要 Hyper-vホストとこのホスト上のVMのHyperBackを同時に実行すると、エラーが発生します。原因 Hyper-vホストのVMが保管されているドライブでVSSが実行されるとVMのステータスが [バックアップ中...] となります。このステータス時にVMのチェックポイントが作成できないため、HyperBackのタスクが下記エラーで失敗します。07/07/2020 01:13:11.027 NJHyperVGetRCTOneDiskPathAndTrackingID return error 0X7014 Level=ERROR [183]07/07/2020 01:13:11.028 {IDS_STRING3018}Exit Code: 2867807/07/2020 01:13:11.028 [28678] Unknown AIP error 回避策 スケジュールが重ならないようにしてください。対象製品 - ActiveImage Protector 2018Update 以降 ...
  • Troubleshooting: An error occurs when Hyper-v host and HyperBack of VM on this host are performed
    Answer: Summary An error occurs when Hyper-v host and HyperBack of VM on this host are performed at the same time.Cause When VSS is executed on the drive ...
  • トラブルシューティング: Windows2003でバックアップスケジュールを作るときに保存先の認証が失敗する
    Answer: 概要 Windows2003でバックアップスケジュールを作るときに保存先をネットワーク共有にすると認証が失敗することがあります。失敗した場合、aip.logに下記エラーが記録されることがあります。WNetAddConnection2 failed, path \\<ホスト名>\共有フォルダ , err 1203  Level=ERROR [1203]回避策 このエラーが発生している場合は使用しているNICのDNSに127.0.0.1を設定してください。その後OSを再起動してスケジュールを作成してください。対象製品 - ActiveImage Protector 2018 ...
  • Troubleshooting: When creating a backup schedule in Windows 2003, authentication may fail
    Answer: Summary When creating a backup schedule in Windows 2003, if the destination is a NAS, authentication may fail.If it fails, the following error may be recorded ...
  • Tips: 複数ノードのクラスターディスクのバックアップイメージを1つにまとめる方法
    Answer: 概要AIP2018Update6までのバージョンでは、クラスタディスクのイメージをノードごとに作成する必要がありましたが、AIP2018Update7以降から1つのクラスタディスクイメージをノード間で共有し継続バックアップが可能となります。 手順1)全てのノードで[環境設定]→[一般設定]の「バックアップオプション」にある「ホスト名をイメージファイル名のプレフィックスとして使用する」のチェックボックスをオフにします。 2)1つ目のノード(クラスターディスクを接続しているノード)でクラスターディスクのバックアップスケジュールを作成します。 * システムディスクを含んだバックアップスケジュールは作成できません。 * クラスターディスクのみのバックアップスケジュールを作成してください。 3)2つ目のノードでAIPサービス(ActiveImage Protector Service)を停止します。 4)1つ目のノードの下記ファイルを2つ目のノードの同じパスにコピーします。 * 3ノード以上のクラスタでも同様にコピーしてください。 - C:\Program Files (x86)\Actiphy\ActiveImage Protector\Profiles\<スケジュール名>.xml- C:\Program Files (x86)\Actiphy\ActiveImage Protector\Profiles\<スケジュール名>INC.xml- C:\Program Files (x86)\Actiphy\ActiveImage Protector\Schedules\<スケジュール名>.xml 5)2つ目のノードでAIPサービス(ActiveImage Protector Service)を開始します。 6)クラスターディスクを接続しているノードでバックアップを実行します。以降はフェイルオーバーが発生し、クラスターディスクを接続しているノードが変わっても、1つのフルバックアップイメージに継続して増分バックアップを作成します。 対象製品AIP2018 Update7以降 ...
  • :
    Answer: SummaryIn versions up to AIP2018Update6, it was necessary to create an image of a cluster disk for each node, but from AIP2018Update7 onwards, one cluster ...
  • Tips: How to combine backup images of multi-node cluster disks into one
    Answer: SummaryIn versions up to AIP2018Update6, it was necessary to create an image of a cluster disk for each node, but from AIP2018Update7 onwards, one cluster ...
  • 既知の問題: AIP2018 update 7 - Windows PE 起動環境修正パッチ
    Answer: 概要 AIP2018 update 7 Windows PE 修正パッチを公開しました。起動環境を作成する環境へ、事前に適用下さい。パッチを手動で適用する場合は、全てのタスクが実行されていないことを確認してから行ってください。 https://netjapan-updates.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/AIP/2018/Patch-ActiveImage%20Protector-200925-08.exe.dl パッチ バージョン 20.09.18.02 の更新内容下記の修正が含まれるWindows PE起動環境を作成することが可能になりました。 - GUID が付いていないパーティションのバックアップに失敗する問題を修正しました。  対象製品 - ActiveImage Protecotor 2018 Update 7 ...
  • Known Issues: AIP2018 update 7 - Windows PE boot environment fixed Patch.
    Answer: SummaryAIP2018 update 7 Windows PE patch has been released.Please apply it to the environment where the boot environment is created of Windows PE.If you want ...
  • DeployUSB: 起動環境でバックアップを実行しても反応がありません。
    Answer: 概要 以下の条件で、起動環境でバックアップを実行しても反応がありません。 1)デスクトップライセンスを使用して起動環境を作成2)作成したUSBデバイスにバックアップイメージが存在しない3)サーバーOSがインストールされたマシンで起動またはBitlockerが有効の状態で起動環境を起動4)バックアップを実行 通常、上記条件でバックアップを実行する場合、下記のメッセージを表示し、バックアップは実行できません。しかし、このメッセージが表示されないため、何が起きているかわかりません。 ---このライセンスはデスクトップOSのみに利用できますOK--- 原因既知の問題です。次回のリリースで修正します。 回避策デスクトップOSがインストールされたマシンで起動してください。Bitlockerは無効にして下さい。 Readmehttps://webhelp.netjapan.com/AIP/Windows/2018/deploy_usb/ja/docs/html/readme.htmlその他Microsoft BitLocker ドライブ暗号化により暗号化されたボリュームが対象に含まれている場合は、暗号化されたボリュームの全てのセクターがバックアップされます。※ Desktop ライセンスでは、Bitlocker のイメージのバックアップはできません。 対象製品 ActiveImage Deploy USB 2.2.1.472 ...

The most popular searches are: