ベアメタル回復後にUEFIシステムにインストールされたCentOSが起動しない


概要

ベアメタルリカバリが実行されてもブートエントリがないため、OSは起動しません。

UEFIシステムでは、各マシンのNVRAMにブートエントリが作成されます。
したがって、構成が変更された場合、ブート・エントリーがないため、ブートは実行できません。

再現する手順:

1)仮想マシンAを作成します。
2)仮想マシンAにCentOS7.xをインストールします。
3)仮想マシンAをバックアップします。
4)仮想マシンBを作成します。
5)仮想マシンBでBare Metal Recoveryを実行します。
6)仮想マシンBは起動しません。


これはUEFI特有のものであり、AIP側の問題ではありません。
HDDのみが交換され、ベアメタルリカバリされた場合、OSを起動することができます。

ベアメタルリカバリ後に起動しないOSは下記です。

- CentOS6.x
- RHEL6.x
- CentOS7.x

* RHEL7.xはベアメタルリカバリ後に自動的にブートエントリを作成するため、回避策は必要ありません。


回避策

1) CentOSBEを起動し、ベアメタル復元後エントリが格納されるパーティションを確認します。

# parted -l
Model: Msft Virtual Disk (scsi)
Disk /dev/sda: 17.2GB
Sector size (logical/physical): 512B/4096B Partition Table: gpt Disk Flags:

Number  Start   End     Size    File system  Name                  Flags
 1      1049kB  211MB   210MB   fat16        EFI System Partition  boot
 2      211MB   1285MB  1074MB  xfs
 3      1285MB  17.2GB  15.9GB  

この場合、/dev/sda1にEFIのパーティションがあります。


2) 下記コマンドを実行しブートエントリを作成します。

CentOS7.xの場合

# efibootmgr --create --label CentOS --disk /dev/sda1 --loader /EFI/centos/shimx64.efi


CentOS6.x / RHEL6.xの場合

# efibootmgr --create --label CentOS --disk /dev/sda1 --loader /EFI/redhat/grub.efi


3) CentOSBEを再起動し、OSを起動します。


対象製品

- ActiveImage Protector 2016R2 / 2018 Linux 版
- Deploy USB



タグ: NJKB-97
最終更新:
2018-12-19 03:54
製作者:
改訂:
1.3
評価点数:0 (0 件の投票)

このエントリーにコメントできません。

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.