78 人がオンライン | 78 人のゲスト , 0 人の登録済みユーザ

曜日または週番号を指定してバックアップを実行する方法


概要

AIP2016のスケジュールでは週指定でフルバックアップの指定が出来ません。
例えば、第1週の金曜日だけフルバックアップ、それ以外は全て増分バックアップを指定することは出来ません。
また、シャットダウン時バックアップで曜日によってフル、増分の指定が出来ません、
例えば、毎週金曜日のシャットダウン時にフルバックアップを指定することが出来ません。

この記事に添付されているスクリプトを使用すると、上記のスケジュールを解決することが出来ます。


シャットダウンスクリプトを使用する場合
フルバックアップが15分以上かかる場合、下記グループポリシーサービスのタイムアウト値を大きくする必要があります。

手順
1) 権限を変更するには、次のキーを右クリックします。

   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\gpsvc

2) 詳細設定 -- 所有者をSYSTEMからログインしているユーザーへ変更します。

3) アクセス許可に自分のアカウントを追加しフルコントロールにします。

4) この値を変更します。

   PreshutdownTimeout 900000 ---> 43200000
   *43200000 = 12時間
   この値は環境に合わせて変更してください。

5) MMCのスナップインの追加と削除から グループポリシーオブジェクトエディターを追加します。

6) コンピュータの構成 -- 管理用テンプレート -- システム -- スクリプトを開きます。

7) 下記2つの設定を変更します。
   
- グループポリシースクリプトの最大待機時間を指定する
    有効
    オプション: 時間: 0
    
- 実行中のシャットダウンスクリプトの命令を表示する
    有効

8) コンピュータの構成 -- Windowsの設定 -- スクリプト -- シャットダウンプロパティを開きスクリプトを追加します。

9) cmd.exeを起動して gpupdate 実行します。


スクリプトの使用方法
1)スクリプトを保存して解凍します。

2)事前にAIP2016でフルと増分のバックアップスケジュールを作成してください。
   *タスク名にスペースを入れないでください。
   *バックアップスケジュールは適当なもので構いません。
   *その時に作成されたタスク名を覚えておいてください。
   *タスクスケジューラーでスケジュールを実行する場合、AIP2016のスケジュールを無効に変更してください。

3)Task Schedulerでタスクを作成します。
   もしくはシャットダウンスクリプトを設定します。

    スクリプトの引数に、フルバックアップのタスク名、曜日、週番号を入力します。
    曜日は下記の数字になります。
       日曜 1 月曜 2 火曜 3 水曜 4 木曜 5 金曜 6 土曜 7

---引数---
引数1:INCなしでプロファイル名を指定します。
引数2:1週間
引数3:週番号

*引数1のタスク名がわからない場合は、次のコマンドで確認してください。

cd C:\Program Files (x86)\NetJapan\ActiveImage Protector
> aipcontrol profiles


・引数の例: job 7 1
  土曜日と第1週にフルバックアップを実行します。
  他の曜日と他の週番号は増分バックアップを実行します。
 
・引数の例: job 1
  毎週日曜日にフルバックアップを実行します。
  他の曜日は増分バックアップを実行します。

・引数の例: job
  引き数がタスク名のみの場合、増分バックアップのみが実行されます。

 

添付ファイル: backup_script_1.0.8_jp.zip

タグ: NJKB-77
最終更新:
2017-07-07 10:42
製作者:
改訂:
1.1
評価点数:0 (0 件の投票)

このエントリーにコメントできません。

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ